当サイト最もおすすめのWi-Fi回線

当サイトはブロードバンドの各キャリアが販売しているモバイルWi-FiルーターやホームルータータイプのWi-Fiルーターのサービスエリア、Wifiの規格や特徴、月額料金やキャンペーンを比較して最もおすすめできるWi-Fiルーター回線をご紹介しています

Wi-Fiルーターは、SIMフリー端末にいずれかのSIMカードを利用する方法やWiMAXやソフトバンクエアーのように初めからSIMカードがセットされているタイプなどありますが、比較条件や用途ごとに選別して掲載しています。

Wi-Fiルーター回線は公式かMVNOなど種類が多くありますが、最大通信速度や選択できる機種は、大元で提供しているキャリアごとに変わり、その他はほとんど変わりがないため、 キャンペーンの内容や3年間などの契約期間の実質料金で選ぶのがおすすめです。

おすすめするWi-Fi回線は、ソフトバンクエアー

ソフトバンクのLTEサービスエリアで利用ができる、工事不要!置くだけのWi-Fiインターネット回線のソフトバンクエアーが最もおすすめです。

ソフトバンクエアーはこういうWi-Fi回線には付き物のデータ容量制限が”まったくない”いう唯一と言って良いWi-Fiルーター回線です。

どのWi-fiルーターやSIMカードのプランでも「使い放題」「データ制限なし」など謳い文句を見かけますが、使い放題であるのは1ヶ月の間でのことであったりして、他のWi-Fi回線は実際には3日間で1GB、3GB、10GBなどのデータ容量制限があるのが普通です。ちなみに人気のWiMAXは3日間で10GBの制限があります。少し前までは3GBでした。

ソフトバンクエアーだけがなぜ?本当のデータ無制限か

ソフトバンクエアーだけがなぜ?データ容量無制限なのかというと、おそらく、推測ではありますが、ソフトバンクは基地局(電波塔)ごとに加入者数の制限を行っていると考えられます。

 

ソフトバンクエアーはAirターミナルという機器を置いて、電源をコンセントに接続して最寄りのソフトバンク基地局からLTE電波をいったん受信し、それを自宅内でWi-Fiの電波として利用するというサービスなのですが、基本的には契約した住所でしか利用はできません。(契約住所以外での利用は契約違反となります。)

 

Airターミナル 3 の製品画像

 

モバイルで利用したいという方には持ち運べないのはデメリットでもありますが、この契約住所でしか利用できないということが、ソフトバンク側でそのエリア内での加入者数やトラフィックなどの利用状況を把握しているために、他社とは違う「データ容量無制限」というメリットを実現していると思います。

実際にそれを裏付ける現象として、ソフトバンクエアーは明らかにサービスエリア内である都市部などでも、契約したくてもそのエリア(基地局?)での加入者数が多く加入ができないといったケースを散見しています。

今のところ、他のサービスでは月間の使用量制限か1日、3日の使用量制限が有り、本当の意味でデータ制限がないWi-Fi回線はソフトバンクエアー以外見当たりません。(ただし、契約条項にはソフトバンクが想定している以上のデータ通信量の場合は制限がかかるとは書いてあります。)

モバイルではマネできないという理由もあるかと思いますが。以上をふまえると、データ通信量の利用が多い方には最強と言っても良いWi-Fi回線ではないでしょうか。

実質料金も比較的に安く利用できる

ソフトバンクエアーの月額料金は月々3800円(2年間、3年目から4800円)と他のマンションタイプの固定回線と比べて平均的な設定で戸建てタイプの固定回線と比べると安いとなっており、他のモバイルWifiと比べても最初の2年間に関してはあまり差がなく平均的な料金設定です。

ただし、ここでも“データ通信制限がない”ということで1GBあたりの利用料で他のWi-Fi回線と比べるとしたら、ヘビーユーザーにとっては最も安く利用できるというパターンもでてくると思います。

ソフトバンクのスマホユーザーであれば、「おうち割」の適用ができるネット回線ですので、スマホのデータ通信プランによって最大1000円の割引をうけることも可能です。

ソフトバンクエアーは代理店などではキャッシュバックなどのお得なキャンペーンもやっていますので、そういったキャンペーンを利用することで実質料金を安く抑えて利用することができます。

用途がピッタリだと思う方はお得なキャンペーンなどの加入方法を活用しての加入を検討してみてはどうでしょうか。

 

 

ソフトバンクエアーにご興味がある方は、最も高額な36000円キャッシュバックを最短2ヵ月で現金振り込みで還元というキャンペーンを実施しているサイトを参考にどうぞ。